興信所では何を調べてくれる?調査範囲

浮気調査や行方調査、盗聴器の発見など調べたいことがあるけれど自分の力だけではこころもとない、といった時に興信所に頼むことを検討する人もいるでしょう。興信所では、どのような調査を行ってくれるのでしょうか。

 

興信所の調査範囲

イメージ

興信所は、探偵と違って身分を明かして調査をすることが多いのが特徴です。
その仕事内容は、結婚相手や交際相手の素行調査や信用調査、企業の雇用調査、会社の取引先法人の信用調査などが主なものです。と言っても、最近では総合興信所という探偵が行うような浮気調査や行方調査なども行っているところもあり、興信所それぞれで扱っている業務が異なることもあります。

 

個人の信用調査

興信所が扱う業務の中で主なものに個人の信用調査があります。

 

子供が結婚する相手の素性を知りたがったり、交際相手が本当のことを言っているのか怪しかったり、お金を貸してくれと言われた相手が本当に信用できるのかを調べてほしかったりするときにこの個人信用調査を依頼する人が多いのです。
このようなことを相手に直接聞くと関係が険悪になってしまうかもしれません。そんな時には興信所を利用して、調査をしましょう。

 

結婚相手の家族や家系なども調べることができます。

 

雇用調査

他にも多いのが、雇用調査です。
これは、企業が採用しようと考えている人物の素行や職歴、金銭感覚などを調べるものです。優秀な人材を求める企業の利用が多いようです。

 

法人の信用調査

また、企業の依頼としては現在の取引先やこれから取引を始めようとしている法人の信用調査があります。
会社の概要や経営状況だけでなく、代表者や役員、株主についても調べることができます。

 

浮気調査

興信所の主な仕事はこういったものですが、探偵事務所と同じように浮気調査などを行うところも増えています。

 

ただ、浮気調査については探偵のように徹底的に調べるというよりも相手の身元確認だけで終わることが多く、相手と別れさせたり話し合ったりといったアフターケアも行わないところが多いようです。

 

 

 

その他、所在調査やストーカー対策、盗聴器の発見などは興信所によって行っているところと行っていないところがあります。


このページの先頭へ戻る